ようこそ「山崎まさよし画像★山崎まさよし動画写真集」へいらっしゃいました!このサイトは、山崎まさよしが今とっても気になっているとか、山崎まさよしの大ファンだ!または山崎まさよしが大好き!山崎まさよしのお宝画像動画壁紙などが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はyoutubeやGyaOなど動画サイトの登場で動画がより身近になり、Dailymotionも日本語化されて便利になりました。もちろん、山崎まさよしのお宝動画を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★山崎まさよし 検索はこちら!★

山崎まさよしのお宝画像や壁紙

山崎まさよしのお宝画像とか壁紙や曝露スクープ特ダネ裏話裏モノ噂情報をお探しの方へ。山崎まさよしのお宝画像とかって、なかなか出回らないですよね。そんな山崎まさよしファンのあなたへオススメのアルバムをご紹介します。

One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition
One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition山崎まさよし 山崎将義 森俊之

ユニバーサルJ 2007-03-03
売り上げランキング : 480

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX 星のかけらを探しに行こう~福耳・札幌交響楽団コラボレーション~ 雲のむこう、約束の場所 メモリアル特典BOX 雲のむこう、約束の場所 雲のむこう、約束の場所 オリジナル・サウンドトラック

続きを読む
posted by 山崎まさよしfan at 21:22 | 山崎まさよし 紹介

山崎まさよしについて

山崎まさよし画像壁紙動画をお探しのみなさまへ。
山崎まさよしのプロフィールを紹介します。(Wikipediaより)

山崎まさよし(やまざき まさよし、本名:山崎将義、1971年12月23日 - )は、滋賀県草津市生まれ山口県防府市育ちのシンガーソングライター、俳優である。山口県立防府西高等学校卒業。

オフィスオーガスタ所属。所属レコード会社はユニバーサルミュージック(2001年まではポリドール)。愛称は「まさやん」。アコースティックギターやブルースハープの名手としても知られる。天然パーマがトレードマーク。

デビューのきっかけは歌手のオーディションと間違えて役者のオーディションを受けてしまうというハプニングによる。このオーディションは応募者1000人以上という規模の大きいもので、山崎がこのオーディションが歌手ではなく役者のオーディションだと気がついたのは東京での最終審査の直前であったという。山崎は仕方なくこの場で自作の歌(本人曰く、その時歌ったのは『中華料理』、『Rough Rock'n Roll Boogie』)を披露している。この時、偶然にもオーディションに審査員として参加していた音楽プロデューサー(現在、山崎まさよしのチーフマネージャー)の目に留まり1995年にシングル「月明かりに照らされて」でデビューに至っている。なお、このオーディションではグランプリは逃しているものの審査員特別賞を受賞している。

1971年に滋賀県草津市に生まれ、小学2年のときに山口県に転校し防府市で育った。防府市立牟礼小学校・牟礼中学校出身。中学生のころからバンドを組んでドラムを叩いていたが、先輩たちが高校を卒業したあとは歌とギターを覚え、周南市にあるライブハウス「BoogieHouse」で腕を磨く。店のマスターに影響を受けブルースを積極的に取り入れたのもこのころである。
1992年にRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を独特のセンスでアレンジしたシングルでインディーズ・デビューした。
1993年に横浜桜木町に移り、マネキン運びのアルバイトをする傍ら、ライブハウス出演など音楽活動にも従事する。
1995年にシングル『月明かりに照らされて』でメジャーデビュー。デビュー時のキャッチコピーは「天才より凄いヤツ」。
1996年には早くもセカンドシングル『中華料理』をリリース。同年9月には、後にSMAPがカバーすることになる『セロリ』をリリースした。
1997年に初の主演映画である「月とキャベツ」(監督・篠原哲雄)が公開。映画のテーマ曲『One more time, One more chance』もほぼ同時期に発売、ヒットとなり一躍知名度が上昇する。
2002年、5月にリリースした『心拍数』(各地域編合わせ10タイトルを同時リリース)が同一曲同時10曲TOP50入りのチャート寡占記録を達成。また、日本テレビの番組企画でワールドライブツアー中のポール・マッカートニーの楽屋にて、本人の前でアコースティック・ギターで弾き語りをする。また同年の「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2002」」にも出演。
2005年には、「8月のクリスマス」(監督・長崎俊一)に主演。作中の音楽も手がけた。前月には同作の主題歌『8月のクリスマス』をリリース。さらに、第56回NHK紅白歌合戦に初出場した。
2006年には映画「酒井家のしあわせ」(監督・呉美保)の音楽と主題歌を担当した。
2007年公開の短編アニメーション映画「秒速5センチメートル」(新海誠監督)の主題歌に『One more time, One more chance』が使用されることが決定した。同曲が映画の主題歌に使われるのはこれで二回目。

杏子(元BARBEE BOYS)、スガシカオの3人で福耳というユニットを結成。何曲かCDもリリース。
アルバム『ステレオ』シリーズ以降、『SHEEP』や『アトリエ』では作詞、作曲や編曲の他に全ての楽器の演奏を自分ひとりで行っている。なお、自身のシングル・アルバムでの作詞・作曲は本名である「山崎将義」名義としている。
現在まで3枚もの(しかもいずれも2枚組の)ライブアルバムを出してることからも分かるように大のライブ好きで、ほぼ毎年ライブを行っている。
ギター(アコースティック・エレキの両方)の他にピアノ、ドラムなど数多くの楽器をこなせる。(元々最初に憶えた楽器はドラムだったという)
斉藤和義、中村一義らと合わせて「さんよしくん」と称されることがある。
奥田民生、Charと合わせて「三人の侍」と称される事があり、この三人で何度かライブもやっている。
アルバム『アトリエ』のジャケットにある自画像は、山崎本人が描いたものである。また、シングル『未完成』のジャケットにその絵を描いている姿が使われている。
大の酒好きで、酔っ払い方が事務所(オフィスオーガスタ)の後輩の大橋卓弥(スキマスイッチ)とそっくりだという。(事務所のメンバー談)

続きを読む
posted by 山崎まさよしfan at 22:13 | 山崎まさよし 画像
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。